-天気予報コム-
フォトアルバム

2010-03-30

山陰旅行(4日目)

【4日目】
玉造温泉から国道9号線で、世界遺産の石見銀山へ
石見銀山(いわみぎんざん)は、
戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた
日本最大の銀山だそうです。

Iwami

龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)を散策してきました。
「間歩」とは銀を採掘するための坑道のことです。
石見銀山には大小合わせて
約600の間歩が存在するとされますが、
現在、一般公開されているのはこの龍源寺間歩だけです。

Iwami001

龍源寺間歩は全長約600mに及びますが、
このうち見学できるのは
入り口から157mの地点までのところです。
帰りは、157mの地点から新たに設けられた
観光用の坑道を通って戻ってきます。

ここが世界遺産に登録されたのは、
石見銀山の特徴である「山を崩したり森林を伐採したりせず、
狭い坑道を掘り進んで採掘するという、環境に配慮した生産方式」
が評価された為だそうで、
石見銀山が伐採した分だけ植林していたことなど、
自然に対する配慮の歴史が高い評価につながったみたいです。

Iwami002

写真は精錬所跡です。

石見銀山をあとにして、さらに国道9号線を南下、
浜田市、益田市を通って津和野見学です。
津和野を訪れるのは、18年ぶりです。
山陰の小京都と呼ばれていて、
森鴎外の生まれ故郷でもあります。

Tuwano

津和野を見学したあとは、
国道9号線で、山口ICまで行き
それからは、中国自動車道を走り、
関門橋を渡って九州自動車道で
無事、家に戻ってきました。

2010-03-29

山陰旅行(3日目)

【3日目】
湯村から、日本海沿いを鳥取方面へ向かいます。
途中、砂丘道路を通って、鳥取砂丘見学です。

Sakyu

Sakyu02

砂丘で有名なのは、ラクダですが、
馬も頑張って馬車ひいてました。

神話の白兎海岸を横に見ながら、さらに西に・・・
鳥取県を通過して、島根県へ、
松江市内を見学した後、
出雲大社まで行って来ました。
ココを訪れるのは、実に32年ぶりです。

Taisya

Taisya02

MySpace残念ながら御利益の無かった、ご報告です。
しかも、平成の大遷宮で現在、御仮殿でした。
本当に縁が無いみたいです。

折角ここまで着たので、日御碕まで寄ってきました。

Hinomisaki

32年ぶりの出雲には、何処からでも、超目立つ、
白いドームテントのような建物が建ってました。

Izumo_dome
はじめは、オカルト教団の建物かと思いましたが、
そばまで行くと、出雲健康公園内にある
多目的施設の出雲ドームでした。

本日の宿泊地は、玉造温泉です。
枕草子で「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯」
とうたわれた、「三名泉」の玉造の湯だそうです。

写真は、泊まった部屋から見える庭です。
Tamatukuri

宿の露天風呂は、庭園混浴露天風呂でしたが、
入浴してたのは、男性だけでした。
ちなみに、混浴と言っても、女性は湯衣を着てます。

本日の夕食は、
さざえ、あわび、鯛、牡丹海老、雲丹、間八、イカ
のお刺身船盛りと松葉ガニのお魚会席でした。

Funamori

2010-03-28

山陰旅行(2日目)

【2日目】
朝早く起きたので、船内で朝風呂です。
朝7時ごろ、明石大橋を通過。

Akashi

レストランで朝食を済ませ、下船の準備です。

8時20分に六甲アイランドへ上陸。
表六甲山ドライブウェイから六甲山トンネルを抜け
六甲北有料道路を通り、中国自動車道、
舞鶴若狭自動車道、京都縦貫自動車道を利用して
丹後の天の橋立へ

Senkaikyou

廻旋橋を渡って、天の橋立を散策、

Amanoashidate

笠松公園で、お決まりの股のぞきです。
逆さに見ると天のかけ橋に見えるそうですが、いかがですか?

Matanozoki

本日の宿泊は、
早坂暁氏の「夢千代日記」の舞台となった湯村温泉です。

Yumechiyo

Yumura

ここの温泉は、川にかけ流すほど豊富な温泉で
温泉熱を利用する荒湯たまごが有名です。

Tamago

夕食には、但馬牛のスキヤキとタグ付き松葉ガニを頂きました。
ちなみに、タグ付とは産地証明の付いたカニの事で、
港の名前と船の名前が書かれていました。

Tag

2010-03-27

山陰旅行(1日目)

10年ぶり位に、山陰地方をひと回りして来ました。

【1日目】
まずは、新門司から、20:00発の阪九フェリーに乗って
瀬戸内海クルージングです。・・・と言っても夜中です。

Ferry001

長距離フェリーには、いままでにも乗ったことがありますが
いつも2等客室でゴロ寝でした。
でも、今回、この時期は、春休みだし乗船客が多いと予想し、
あらかじめ、寝床を確保する為、一等客室をKeepしました。
・・・特等室では無いところが、やはり庶民的です。

Ferry002

部屋は、ツインで洗面台とTVにクローゼットが付いてました、
各部屋は仕切られてますが、しかし、話声は筒抜けですので
会話は、隣の部屋に聞こえますので、お静かに。
乗船して、すぐに船内レストランで夕食。

Ferry003

船上では、RiKUによるアコスティク演奏での、
ミニライブも開催されており
1時間ほどのライブを愉しみました。