-天気予報コム-
フォトアルバム

2009-06-09

Guy McLean Performance

Guy McLean については、
このブログで前にも紹介しましたが、
今回はPerformance PVの紹介です。
内容は、EquitanaでのLive演技と
DVDに収められている動画の一部です。

2009-06-08

Clinton Anderson Performance(Bridleless)

Bridlelessの演技はStacy Westfallが有名ですけど、
しっかりと調教されたReining馬であれば、
乗り手しだいでは、Bridlelessも可能です。

今回の動画は、Clinton AndersonによるBridleless演技です。

馬に関する事なら、やっぱり洋書が一番です。

Amazon

2009-02-08

Clinton Anderson Performance(at liberty)

たまには、馬の話もしないと・・・・と言う事で
本日はHorsemanshipについてです。
日本の乗馬クラブでは、通常、馬の乗り方を教える事がメインで
あまり、Horsemanshipに関して語られる事は少ないようです。
それは、すでに調教済みの馬に乗ることが、
ほとんどだからでしょうかsign02
でもたとえ、調教済みの馬であっても
Horsemanshipの知識を知っていて、
馬に接するのとそうでないのとでは
大きな違いが有ると思っています。

たとえば、Horsemanshipの知識を学んでいれば、
アット・リバティ(at liberty)、
即ち、何の馬装具も着けない自由な状態でも、
馬をあなたに付いて来させるようにすることができます。

アット・リバティ(何の馬装具も着けない自由な状態)であろうと、
オンライン(無口頭絡と引手を付けた状態)であろうと、
馬との意思疎通の基礎となるコンタクトとコミュニケーションの手段
は構築できるのです。

それでは、本日の動画、Clinton Anderson と Mindyによる
素晴らしいHorsemanshipを御覧ください。

馬に関する事なら、やっぱり洋書が一番です。

Amazon

2008-12-03

Guy Mclean Performance(Bridleless)

Guy Mcleanの調教を見てきましたが、
Showとはいえ、新馬調教はなかなか勉強になりました。
Groundwork が非常に重要なポイントで、
これを、しっかり行う事で、リスペクトを増したり、
一連の同じルールでの繰り返しが、
馬の理解度UPにつながっていることが良く解りました。

動画は、Equitana Asia Pacific 2008でのGuy Maclean の演技です。

2007-05-01

Stacy Westfall Performance(Bridleless)

下記のVTRは、馬との会話が上手く出来れば、
手綱が無くても、馬を自由に動かす事が出来る
という見本ですね。