-天気予報コム-
フォトアルバム

« 山陰旅行(3日目) | メイン | 船小屋温泉の桜 »

2010-03-30

山陰旅行(4日目)

【4日目】
玉造温泉から国道9号線で、世界遺産の石見銀山へ
石見銀山(いわみぎんざん)は、
戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた
日本最大の銀山だそうです。

Iwami

龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)を散策してきました。
「間歩」とは銀を採掘するための坑道のことです。
石見銀山には大小合わせて
約600の間歩が存在するとされますが、
現在、一般公開されているのはこの龍源寺間歩だけです。

Iwami001

龍源寺間歩は全長約600mに及びますが、
このうち見学できるのは
入り口から157mの地点までのところです。
帰りは、157mの地点から新たに設けられた
観光用の坑道を通って戻ってきます。

ここが世界遺産に登録されたのは、
石見銀山の特徴である「山を崩したり森林を伐採したりせず、
狭い坑道を掘り進んで採掘するという、環境に配慮した生産方式」
が評価された為だそうで、
石見銀山が伐採した分だけ植林していたことなど、
自然に対する配慮の歴史が高い評価につながったみたいです。

Iwami002

写真は精錬所跡です。

石見銀山をあとにして、さらに国道9号線を南下、
浜田市、益田市を通って津和野見学です。
津和野を訪れるのは、18年ぶりです。
山陰の小京都と呼ばれていて、
森鴎外の生まれ故郷でもあります。

Tuwano

津和野を見学したあとは、
国道9号線で、山口ICまで行き
それからは、中国自動車道を走り、
関門橋を渡って九州自動車道で
無事、家に戻ってきました。

コメント

コメントを投稿